3次元データ活用のトータルサービス

小型無人機(UAV)

マルチコプター(無人ヘリ)による写真測量

地形や構造物を上空から確認!災害状況も上空から素早く確認できます。


  • ■ 能登島大橋の上空からのパノラマ。
  • 能登島大橋の上空からのパノラマ
  • ■ 整備状況写真(能登国分寺)
  • 整備状況写真
機体概要
  • ・内臓のGPS/ジャイロで安定した自律飛行と静止が可能。
  • ・到達高度は約250mで地上からカメラ・ビデオの角度を変えて見たい所を撮影。
  • ・電波が途切れても自動的に離陸地点まで戻ってくるので安全。
作成データ
  • ・搭載カメラからの写真と動画データ。
  • ・合成写真処理による平面写真(オルソ画像)・3次元カラー点群・3次元地形データ。
  • ・3次元データから断面図作成・土量計算など。
  • ・地上測量平面図と写真の合成。
  • ・出力データ(画像JPEG・RAW・TIFFなど、3次元dxf・YXZ・OBJ・PLY・VRMLなど、)
活用事例
  • ・災害調査(被害状況写真・平面図・断面図・土量算出・地上測量データとの合成)
  • ・地元説明(現況写真と設計データの組み合せ)
  • ・工事施工状況確認(斜め写真・平面写真・動画・パンフレット)
  • ・海岸侵食調査(陸部構造物、汀線部分のモニタリング)
  • ・環境調査(鳥類への影響調査・森林植生調査など)
  • ・維持管理(河川・道路・ダム・ため池・処分場)
  • ・文化財調査(発掘調査写真・3次元データ・断面図など)
マルチコプター(無人ヘリ)仕様  GPSとジャイロセンサーで安全飛行
項 目仕 様
機体重量3,800g
外形寸法900mm×900mm×400mm
駆動モータ駆動
耐風5m/s以下
飛行時間10分~20分
搭載重量4,000g
撮影範囲約1,000m
搭載機材SONY α6000他
到達高度250m

マルチコプターの活用事例

上空写真の3次元解析で平面図や断面図が作成できます。


  • ① 道路災害状況の把握
  • 能登島大橋の上空からのパノラマ
  •  
  • 矢印
  • ② 写真解析による3次元データと断面図
  • 整備状況写真
  • ③ 千里浜海岸(汀線位置の確認等)
  • 能登島大橋の上空からのパノラマ
  • ④ 工事の施工管理(ほ場整備)
  • 整備状況写真
  • ⑤ 施設の全景写真
  • 能登島大橋の上空からのパノラマ
  • ⑥ 史跡の全景写真
  • 整備状況写真


ページトップへ